SIMカードのサイズとセキュリティについて

スマートフォンなどに入っているSIMカードには、電話番号などの情報が詰まっており、種類には、miniSIM、microSIM、nanoSIMの三種類があって、大きさはそれぞれ違うものの、同じ機能をもっております。

取り扱っている会社は違っていたとしても、サイズは標準規格化しているので、どこでSIMカードを購入したとしても、形状や大きさは同じになっております。

miniSIMは、初期のガラケーやiPhoneなどの3G対応機種のスマートフォンなどに利用されておりました。

最近ではあまり見なくなったものの、格安スマートフォンなどで採用されていることもあります。

microSIMは、現在も多くの格安スマートフォンなどで採用されており、幅広いところで活躍しております。

特にAndroid端末で腫瘤につかわれてきました。
2015年の冬モデル以降から多く使われているのはnanoSIMは、現在でお多くの機種で採用されております。

種類は、使用している機種によって違いがあるため、まずは自分が使っているものを知っておくことが大切です。

普段から取り出すことが少ないため、基本的に隠れた場所にあるので、万が一のために挿入位置の確認をしておくことも大事です。
それぞれ、形が異なるため、新しくSIMカードを契約したりした場合、サイズが合わなくなってしまったなんてこともあります。



もし、サイズが異なるSIMカードを購入してしまった場合には、そのままでは、スマートフォンを利用することが出来ないため、サイズが合わないときには、サイズ変更を申し込む必要があります。

もし、やらなければ通話などをすることができません。

サイズ変更の際には、キャリアの場合、ショップに持ち込めば、その場で交換をしてくれますが、格安のものの場合はwebからの申し込みのみでしか対応してもらえないため、届くまで待っておく必要があります。

SIMカードに入っている情報には、回線契約や通信に必要な固有番号情報や、携帯電話番号等のデータがはいっております。


機種変更で新しい端末に差し替えるだけで、同じ電話番号や契約を継続することができるのはそのためです。

情報の中には、ICCIDという一枚ごとに割り振られている固有な識別番号の19桁。



MSISDNという加入を識別する番号で携帯電話番号情報、IMSIという携帯電話ユーザーに割り当てられる識別番号などがあります。
このように、SIMカードにはさまざまな情報が記載されており、差し替えるだけで、携帯電話の機種変更をすることができるという便利な面もありますが、紛失してしまったときには悪用されてしまう可能性があります。


そこで、PIN1コードとPIN2コードという二つの暗証番号を設定することができます。



PIN1コードは第三者による無断使用を防止するために、携帯端末に差し込むたびに使用者を確認するために入力する番号で入力することで、発着信や操作をすることが出来るようになります。


もう一つのPIN2はユーザー証明書利用時や、発行申請、積算料金情報のリセットなどをするときに必要となる暗証番号のことです。

これらによってセキュリティを守ることができます。