格安SIMでスマートフォンの利用料金がお得に

格安SIMを使って現在キャリアで契約しているスマートフォンの月々の利用料金を簡単に下げることが出来ます。スマートフォンのユーザーの大半は日本の3大キャリアのいずれかで契約しており、大抵のユーザーは毎月7000円から10000円程度は月々支払っている傾向にありますが、格安SIMを使って格安スマートフォンに変更すれば、その支払いは半額以下になります。


最近格安スマートフォンが流行していますが、格安スマートフォンを利用する為に必要なのが格安SIMです。

この格安SIMはプロバイダー各社が提供しているサービスで、スマートフォンの種類によっていくつかの大きさがあり、端末の種類に合わせた大きさのカードを挿入して使います。


プロバイダーから格安SIMを受け取るにはプロバイダーのホームページから申し込みをする必要があります。



簡単な情報を入力すると数日でカードが送られてきます。

そのカードは端末に挿入して設定を完了すると格安スマートフォンとして使うことが出来るようになります。

最近ではプロバイダーは格安SIMのカードと端末をセットで提供することが増えており、セットで購入することでリーズナブルに端末を購入することが出来るなどメリットがあります。


購入する側もSIMカードと端末をセットで購入することでキャリアが違うことで通信が出来ないといった不具合が起きることもなく、リーズナブルな価格でSIMフリー端末を購入することが出来ます。
格安SIMはプロバイダーが提供しているサービスですが、月々利用するデータ容量に合わせて様々な料金プランが用意されています。

1GB以下のライトユーザーはデータ通信のみの場合1000円以下で契約することが可能です。



ヘビーユーザーの場合、ヘビーユーザー向けの大容量プランがオプションで用意されていますので、それを付加することでキャリアで契約するよりもお得に通信を行うことが出来ます。

格安SIMが使える端末は、SIMフリー端末であれば利用することが出来ますが、キャリアで契約していたスマートフォンの場合にはロックがかかっていると使えないケースがあります。



格安SIMを提供しているプロバイダーによってどこのキャリアの通信網を借り受けているかは異なりますので事前に調べておく必要があります。

格安スマートフォンはキャリアのスマートフォンと比べるとほとんど遜色ない使い心地で利用料金が安くなるため、多くのユーザーがキャリアから格安スマートフォンに移行し始めています。

複雑な設定が苦手という方は店頭で設定のサービスを提供している業者もありますし、電話でカスタマーサポートを行っているプロバイダーもあります。

格安スマートフォンとキャリアのスマートフォンの違いとしては、キャリアから付与されるメールアドレスが使えないくらいで、他にはほとんど違いはありません。プロバイダーによってはメールアドレスがもらえるところもありますので、ほとんど違いがないといえます。