格安SIMでスマートフォンの維持費を節約できる

格安SIMの認知度が高くなるにつれて新規参入の仮想移動体通信事業者も増えてきています。
それぞれの業者は、大手キャリアからの乗り換えを促すために、低料金プランに力を入れていることで、スマートフォンの通信費を安く抑えることができるようになってきました。



もちろん、料金設定外にも格安SIMを使用した格安スマホには魅力的な特長が多くあります。
その一方、従来の携帯電話キャリアの「料金は高いけれどもサービス面やサポート体制が充実しているために移行は考えていない」というユーザーも多数を占めています。



乗り換えをすることで実際に通信料金をかなり安く抑えることができるのですが、仕組みについて難しそうだと敬遠している人もいることでしょう。

しっかりと格安SIMと格安スマホの仕組みを知って、賢く通信費を節約したいものです。


日本国内には大手通信キャリアであるNTTドコモとauとソフトバンクが存在しており、格安スマホが普及する以前は実質的にその3社の中から選ぶことしか選択肢がありませんでした。



2017年の年末の時期に楽天が「第4の携帯電話キャリア」に参入するというニュースがあり、その通信設備設置費用として莫大な金額を投資するということに驚いた人も少なくないでしょう。
つまり、自社で通信網を所有するためにはきわめて大きな金額が必要となりますので、巨大な資本を有している大企業でないと維持管理は困難であるというのがこれまでの認識でした。

その状態では選択肢の幅が少なく、競争原理も働かないために価格差も大きく変わらないという事情がありましたが、総務省が大手キャリアの寡占状態を改めるべくSIMフリーの方針を進めていくように指示を出したのです。その結果SIMフリーの端末というSIMカードを入れ替えることで自由に通信会社を選べるようになり、自社で通信網を持たない仮想移動体通信事業者も増えてきています。

SIMカードとは、携帯電話で通信を利用するために必要な小型のチップであり、その中には契約している携帯電話の番号であったり通信キャリアの識別情報が記憶されたりしています。そして形態端末がSIMの情報を読み取り通信することによりキャリア側で通信料が把握できるという仕組みとなっています。
ユーザーが端末はそのままに自由に通信会社を選ぶことができるような流れができたと考えて良いでしょう。


格安SIMに差し替えることで、従来よりも大幅に安い月額料金でスマートフォンを利用することができるというメリットが多くの人に受け入れられています。

家計支出の中で圧迫度の高い通信費を節約することができるために、家計を預かる主婦からも人気が高まってきていることも特徴です。

自社で通信設備を持たず、大手通信事業者の設備を借りるという形ですので、基本的なコストが抑えられるためにユーザー側へ安い料金での提供が可能となっています。格安SIMを利用した格安スマホは今後も広く普及していくことが見込まれています。