大手のSIMにもメリットは存在する

若者を中心に格安やMVNOなどのSIMに乗り換えるという方が増えてきていますが、実際のところ必ずしも大手キャリアと契約を結んだからと言って料金が高くなるとは限りません。

大手キャリアのSIMの場合接続でかなり優遇される面が多くなっています。



例えば公共施設や駅に商業施設に行った時に、大手SIMと契約を結んでいることで無料で使えるWIFIスポットがあるので、そこで利用をすることでSIMを使わなくても通信ができることがあります。

大手キャリアが設置した無料WIFIスポットに出掛ける事が多ければ多いほどSIMをつかわずに済む場面が増えていくのです。
このような結果からも通信費用をかなり削減することができ、ライフスタイルによっては必ずしも大容量プランに加入しなくてはならないわけではないので、大手キャリアの格安プランでSIM契約を結ぶことにも一定のお得感はあります。



これ以外のメリットとしてはサポートが充実している点にあります。
例えば格安SIMの場合は契約を結んでから初期設定までを全て自分でやらなくてはならず、コンピュータにあまり詳しくない方でも自力で調べて行わなくてはなりません。



しかしながら携帯電話のショップや窓口が沢山ある大手キャリアの場合には、壊れた端末をショップから修理依頼に出してみたり、わからないことのサポートがフリーダイヤルで受けられたり、窓口で受け付けてもらえるケースがあります。

サービスに対して投資をしているので大手キャリアの通信料はそれなりの価格がするのです。
こういった事実からもよくサポートを求めることが多いという場合には、むしろ格安SIMと契約するよりかは、大手のキャリアのSIMと契約を結んでその利便性を体感するのが一番でしょう。

大手キャリアのメリットはこの他にもあり、電子マネー決済をスムーズに行えたり、どこのエリアに行っても通信がスムーズにできるという点にあります。

SIMはどこと契約しても大差はないと思っている方は多いですが、大手とそうでない業者ではサービスにかなりの違いがあるので、サービスを求める場合には大手で、そうでない場合には格安といった住み分けをするのがベストです。

もちろん大手にも格安にもどちらにもメリットデメリットは存在しますが、メリットとデメリットを比べてどのように天秤にかけるかは人それぞれの判断にかかってきますから、SIMと契約を結ぶ時には自分の使いやすい会社と契約をするのが良いでしょう。

その中で大手や格安にMVNOという選択肢があるので、経済状態などから判断して契約を結んで行くことに決めましょう。今まで携帯電話を使ったことがない方は、とりあえず格安プランで契約してみて大手の使い勝手の良さを確かめてみるのもベストです。

今から契約をしようとしている方は、まずは大手キャリアの窓口のスタッフに聞いてみることにしましょう。


スタッフは丁寧に教えてくれます。