格安SIMで毎月の料金を節約できる

携帯、スマホはいま一人一台の時代です。
小学生でもスマホを持つお子さんもいますし、中高生ともなればその所持率はさらに高くなっています。

家族全員で持つ事を考えた時、キャリアですべてそろえるとかなり負担となってしまうこともあるのではないでしょうか。
毎月のコストを抑えるという点では、格安SIMを利用するというのも手段の一つです。



各モバイル機器にはSIMカードと言われている電話番号やデータなどが記録されているICカードを挿入して使います。



これがSIMカードです。ちなみに種類は3つあり、標準タイプ、ナノタイプ、ミクロタイプと3つあり、今はナノタイプと言われている一番地裁物が主流になっています。

機種によって挿入できるタイプがことなりますので事前に確認をして購入するようにしましょう。


またOSバージョンによっては使えないこともありますのでその際もチェックが必要です。

さて、ここでSIMカードを購入するという前に一つ大事なポイントがあります。

それは各キャリア(ドコモ、ソフトバンク、エーユー)で販売されているモバイル端末機種の多くはSIMロックがかけられているということです。

以前はそのロック解除ができないものもありました。


しかし2015年5月に総務省から各キャリアに通達があり、ロック解除の義務化をすることになったため、今はキャリアに端末を持参すればロック解除をしてもらうことができるようになりました。

ちなみに費用は3000円程度です。このロック解除の作業をすればキャリアの縛りもありませんし、もちろん格安SIMカードを使って利用していく事もできるようになります。
注意点として、ロック解除をしますとキャリアの保証なども外れることになりますので、その点は気を付けましょう。

契約を解約している端末がある場合も、格安SIMカードを使ってつかうこともできますので、その際にはロック解除をしてもらえば良いです。中にはロック解除が必要ないスマホもあります。

それがSIMフリー端末というものです。
これは解除せずにそのままカードを入れてすぐに使うことが出来るという端末です。

格安スマホなどでも売られていることがあります。

キャリアではない格安プランのプロバイダを選択すれば、キャリア利用時よりも毎月の電話料金が3分の1程度になるということも報告されています。
もちろん安さで言えばこちらを選ぶ方がメリットはあります。



しかし実際の所、その安さに注目されすぎていて人気がかなりあり、契約数もうなぎ上りで飽和状態が起きているとも言われています。


これはどういうことかと言いますと、混雑時における通信速度がかなり遅くなってしまうということもあります。

イライラしたりするという体験談もありますし、やはりキャリアのスマホを一度でも持ったことがある方にとってはストレスとなってしまうこともあるようです。


個人差もありますし、プランの選び方も考えてみましょう。