SIM契約をする時の端末の選び方

SIM契約をする時には端末を一緒に買う方が多いですが、その時に契約内容に合わせた端末を選択するか、あるいは機能面で優れた端末を選ぶようにしましょう。SIMの端末の選び方として一番いいのがインターネットでつかうのかあるいは通話メインでつかうのかを分けて考えることです。通話メインの場合にはインターネットに接続できる必要性などは存在しませんから、ガラケーやスペックの低いスマートフォンで契約しても問題はありません。



スペックが低くても通話にしか使わないというのであれば、インターネットやアプリなどの機能を重視する必要がないからです。



インターネットをたくさん使いアプリもそれなりにつかうことがある方は、高スペックの端末で契約していきましょう。

SIM契約を結べるスマホはいろいろありますが、シムフリーの端末の場合基本的にどこの会社と契約してもつかうことができるので、よほどの古い端末や中古端末でない限りは使うことが可能です。


SIM契約を結ぶ端末が最新スペックでなければ満足できない場合には、メーカーから発売されている端末の中でも特に優れた機能を持っているものを選択しましょう。

一流のスマホの場合には使い続けてもストレスになることはなく、地図アプリから3Dアプリの表示まであらゆる動作を確実に行うことが可能です。開けないアプリもなくなるので友人が使っているものや、大衆的に広く使われているアプリを使えるようになるので、まずはSIM契約を結ぶ段階でどの端末にするか絞り込んでいくようにしましょう。

端末のロックがかかっている場合でも一定年数契約を結んでいれば大手キャリアから格安SIMに乗り換えられることが多々あります。

適用例なのかどうかは窓口に行って聞く必要があるので、大手キャリアからSIM契約を変更する際には、まずはキャリアのショップ店員に問い合わせることが大事です。

一定年数以上経過していた場合でも、ロック解除をするときに手数料が取られることはありますから、手数料をよく確認してから解除作業を依頼することに決めましょう。SIMはいろいろなサービスがあり、端末との組み合わせも無限になっていますから、自分の好きな会社と契約をすることが一番です。


端末はスペックが低いものを使う場合には通話メインやサブ端末として、メインでガンガン使っていきたい端末の場合には、それなりの機能が確保できている商品から選ぶようにしましょう。



SIM契約の際にはとにかく契約内容を熟読していき、自分で全ての内容を咀嚼する感覚でいることが大事です。SIMの契約内容を調べる時には、その通信キャリアのサイトを見ればわかるので、契約書はダウンロードして保管するか、プリントアウトすることが大事です。

SIM契約はインターネット上からでも締結できますので、契約を完了させるときに時間がない場合にはSIMをネット上から通販感覚で注文していくのもよいでしょう。