いま話題の格安SIMを使うメリットとは

いま、格安SIMというのはかなり話題になっています。
キャリア3社(ドコモ、エーユー、ソフトバンク)を利用している方にとってネックとなるのが毎月の携帯料金です。

1台あたりかけ放題などを利用すると1万円前後はかかってしまうのではないでしょうか。



各社で家族割り引きなども行われていたり、サービス内容も工夫はされていますが、それでも料金的なところで髙いと感じている方はかなり多いです。

そこで格安スマホの存在が注目されています。

その前にSIMカードについて少しお話します。

どのモバイル機器端末でも、SIMカードを利用して使うことになります。

このカードは、電話番号や個人のデータなどが記録されているICカードです。

そのためこのカードを入れた端末は自分の情報が入っている端末にすることが出来ます。しかしカードを入れさえすれば使えるのかというと、必ずしもそうではありません。



まず、キャリアで販売されている端末のほとんどはSIMロックがかけられている状態です。そのためロックを解除しなければカードを入れても使うことが出来ません。


ではどうすればよいかと言いますと、キャリアに端末を持っていき、3000円ほどの費用でロック解除をしてもらうということになります。


この作業をしなければ通常は使用できませんので必須の方法となります。

しかし、契約終了した端末を持っているという場合には、格安SIMをする際に新たに購入しなくてもその端末を使用することもできます。



ちなみにロック解除をすると各キャリアの保証は外れてしまいますので要注意です。


また、契約解約をする際、キャリアは2年縛りなど行っているケースが多いので、契約内容をよく調べてから解約するようにしましょう。

さて、ここでもう一つ、ロック解除をしなければカード挿入しても使えないと言いましたが、中にはその作業が必要無い場合もあります。
それはSIMフリー端末というものです。

ロックがかけられていない端末ですので、カードの購入さえすればすぐに使うことが出来るものです。格安スマホ会社から出ていることもありますし、とても使い勝手が良く人気もあります。

フリー端末を探して格安プランで契約するというのもおすすめです。

もちろんキャリアの縛りもありません。

格安スマホにすることで、毎月に支払う携帯電話料金はキャリアの時の3分の1程度まで下げることも可能です。


しかし、その安さではメリットがありますが中にはデメリットが生じてしまうこともあります。

とにかく安さが売りで注目されていますので、その契約数も学生を中心にかなり伸びています。飽和状態とも言われていて、電波がいっぱいいっぱいなのです。

混雑時の通信速度が低下してしまうことでストレスを感じてしまって結局キャリアに戻したというケースもあります。体験談であったり、具体的な速度は調べて比較してみると良いでしょう。
それがクリアできたなら料金の安い格安SIMはおすすめです。