通学路に交通量が多い通りが含まれていると、交通事故の危険性も高く心配になる親御さんも多いといえますし、交差点などでも歩行者側の信号が青になった瞬間でも猛スピードで交差点を通過しようとする無謀ともいえるようなドライバーも存在しているため不安は大きなものになりがちです。学校に到着したらスマートフォンにお子さんが到着したことを知らせてくれたり、学校から帰るときに本体ボタンを押すとこれから帰ることを知らせる通知が届く、そして帰宅した段階で同じように通知が入ればその不安も減るのではないでしょうか。これは子供用GPSの機能として注目を集めているもので、携帯電話でも同じようなことはできるけれどもキッズ携帯やスマートフォンよりも子供用GPSの需要が高くなっているといいます。携帯電話は、毎日の登下校時にお子さんの居場所を知りたいといった保護者のニーズが多いのですが、携帯電話を持って来てはならない小学校が非常に多くあること、持ち込みを禁止しているなどの理由が子供用GPSの需要を高めている要因に繋がっています。

ただし、学校の中にはスマートフォンは持ち込めないけれどもキッズ携帯なら可能にしているところもあるため、子供用GPSを購入する前に学校に問い合わせを行うことをおすすめします。仮に、持ち込みができないといったときには子供用GPSを購入し、持ち込みができる場合には2つの選択肢があるので家族間で話し合いをすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です