GPSというと位置情報を使うスマホアプリのイメージですが、使い方次第では子供の安心や安全を守る鍵になります。子供向けのGPSには位置確認と見守りのスマホアプリを始めとして、近年はスタンドアロンタイプの製品もあります。子供にスマホを持たせたくない、でもGPSで位置確認をして離れていても見守りたいというニーズに応えます。更にはスマホと連動する製品もありますし、地域における最新の防犯情報が反映される製品まで存在します。

現在地が分かるのは当然として、過去の足取りを確認することができたり、登校や帰宅などのタイミングでメッセージ通知が送信、受信可能な製品も珍しくないです。子供にGPSを持たせるのに抵抗感がある、そう考える親御さんも少なくないですが、現代では自分の身は自分で守るのが当たり前です。小さい子は親が守る必要がありますが、常に側にいて見守ることができないなら、テクノロジーの力を借りるのが賢明です。一挙手一投足を全て監視するわけではなく、移動を見守る為の仕組みですから、行動を縛るイメージとは全く違います。

子供にGPSを持たせる行動の管理は、病気がちで一定間隔の投薬を必要とするケースでも頼りになります。一般的には防犯目的が多いですが、このように行動パターンが普段と違うと途端に命の危険が高まる場合にも、リスクを抑えたりいち早く異常に気がつくのに役立ちます。親御さんの声による音声メッセージに対応する製品もあるので、説得力のある注意喚起ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です