GPSのついた防犯ブザーを持たせている親御さんも最近はいるらしく、少し物騒な話だなと感じている人もいます。ですが、このGPSは子供の身を守るアイテムのひとつとして役立っていることを知っていますか。防犯ブザーは変質者や誘拐などを防ぐ役割がありますが、GPSはなんのために持たせるんだろう。そう考える人もいるようです。

その理由は、「子供の迷子を防ぐため」というものです。たとえば、小学生のお子様の場合は友人同士で遊んでいるといつの間にかいつもの場所や自宅から少し離れたところに来てしまった、という事件があるといいます。そんなときには、GPSを作動させてどこにいるのかをチェックし、こどもの元へすぐに駆けつけましょう。子供には、もし迷子になったらそこからは動かないように言っておくと移動してさらに迷子になる、といったことを避けられます。

子供は思いがけない行動をするものなので、きちんと見ていてもすぐに姿が消えて大人たちは大騒ぎです。そんなときに、慌てず急がず子供を見つけられるアイテムが「GPS」なのです。小さなお子様の場合、いつの間にか防犯ブザーなどをどこかに置いてきてしまった、といったこともあるかもしれません。そういったことがないように、最近は服に装着できるタイプや首からぶら下げるタイプのものもあります。

お子様に合わせて選択するといいでしょう。自分を守るためのアイテムのひとつだと言っていけば、きちんと理解して大切にしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です