子供というといくつになっても親にとっては小さい存在ですが、成長すると行動範囲が広がって、迷子になってしまう可能性が高くなります。常に親の目の届く場所で遊んでくれるなら良いですが、就学すると家族よりも友人と過ごす時間が多くなる傾向です。また登下校にも事故や事件のリスクは潜んでいますし、家出が疑われる事態が発生すれば、居場所が分からず連絡も取れず不安が増すばかりとなり得ます。様々な状況を想定して安心を手にしたいのであれば、遠隔で位置情報が把握できるGPSの活用を検討するのが正解です。

GPSは子供が迷子になっても早く見つけられたり、事故や事件の回避に行動の把握、そして何より居場所が手に取るように分かる安心感というメリットがあります。子供用のGPSは、スマホアプリやウェアラブルデバイスを始めとして、キーホルダー型や警備会社による独自の製品まで選択肢が幅広いです。スマホアプリは手持ちの機種がGPS端末代わりになるので、コストが掛からず導入のハードルが低いのが特徴です。ただ、子供が機能をOFFにしたり、アプリを勝手に削除してしまうと機能しなくなりますから、本格的に位置情報を確認したいならスタンドアロン型の端末の方が安心です。

ウェアラブルデバイスは腕時計型が主流なので、常に腕に身につけるように習慣づければ、勝手に外してしまう恐れは小さいです。キーホルダー型は子供にGPSの存在を意識させず、かばんなどにつけても違和感がないのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です