お中元は一概に虚礼とは言えません

企業での不祥事などがきっかけと言えなくもありませんが、お中元やお歳暮が儀礼とか虚礼とかという位置づけになり、官公庁はもちろんのこと、一般企業でも廃止するところが少なくありません。特に、いただくことについては禁止として、万が一届けられたときは送り返すように指示しているところもあるという具合です。この風潮が影響したと思えますが、上司や部下の関係においても見送ることが多く、あるいは親戚関係においてもお互い様だからという理由でやめにしたというところが少なくありません。しかし、お中元もお歳暮も、もとをただせば日本文化の古き良き習慣ということができるので、虚礼と決めつけてしまうのはどうかと思えます。

その昔は、一年の二回、気になる人がどうされているか、お互いに元気でいるかということを気遣い、顔を見せ合うためのものでしたし、お仲人を引き受けてくださった方に自分たちの最近の様子をお知らせしたり、お仲人様が元気のおすごしかどうかを確認するという目的もありました。いわば人間としてのお付き合いを深める方法の一つの手立てでもあったわけです。多少はお金もかかりますが、お中元やお歳暮をいう習慣を通じて、人間関係をより深くするということだったのです。その結果、お互いに助け合ったり、融通し合ったりして、色々な問題を解決したり、よい方向へ進むということになったものです。

核家族化が進み、隣近所のお付き合いも希薄になりつつある現代ですが、殺伐とした社会でいいということはないはずなので、もう一度こうした古き良き習慣を見直し、少しは見習うと良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です