お中元を断る方法について

お世話になった方々に贈るお中元ですが、中には断らねばならない事も起こりえます。公務員の場合には、法律でもらう事が禁止されていますし会社などで禁止というパターンもあります。また付き合いが無くなってしまっているので、気を遣わせたくないと言う事もあります。こちらからお中元をやめる場合それを伝える挨拶状は不要で、ただ贈るのをやめると言うやり方です。

この場合に相手の方からは贈られてくると言う事も起こりうるので、その場合はお礼状を書いて今後は贈答を辞退する事も添えると言う内容にします。相手が気兼ねない間柄の場合には、直接相手に伝える方が良い事もあります。付き合いそのものがもうはや無いので、お中元以外も付き合いを完全にやめたい場合はまずお歳暮だけにして次回はお歳暮をランクダウンしてその後きっぱり贈るのをやめると言ったフェードダウンしていくと言う方法もあります。完全にやめるほどでは無いなら、名目を代えて『お年賀』だったり旅行へ行ったに『お土産』として贈るのもありです。

もらう側のトラブルとして公務員などでもらう事ができない場合や、すでに断っているのに送ってくると言うパターンがあります。こう言った場合には、断り状と一緒に返送するやり方を取ります。この場合包装は開けずにその上からさらに放送をし、お断りの文面を添えて返送するやり方です。品物だけ返送するのは失礼になるので、断り状は必須でお礼をかねたお断りの文面に位する事がポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です