取引先にお中元を贈るとき

日頃の感謝の気持ちを込めて取引先にお中元を贈る会社も多いです。どんな点に注意すれば、失礼なく贈ることができるのでしょうか。お中元を贈る時期は、7月上旬~中旬(地域によっては8月)が最も適しています。ほかの会社と差をつけたいときに6月中に贈ることもありますが、その場合は旬の果物などは避け、ひとこと添えるといいでしょう。

何を贈るかで迷うことも多いです。取引先の規模や人数にもよりますが、缶ジュースや焼き菓子の詰め合わせは日持ちもして大人数でも分けられるので喜ばれます。暑い時期なので、ビールやゼリーもおすすめです。一品ものや調理が必要なものは、相手を煩わせることがあるので、個包装のほうがより気が利きます。

相手の好きなものを贈りたいところですが、時期を考慮して生ものは避けましょう。贈る品物が決まったら、熨斗(のし)をつけてもらうことを忘れずに。外熨斗が一般的ですが、地域や立場によって使い方が異なるので、事前に確認しておくと無難です。できれば挨拶回りを兼ねて持参するのが理想ですが、最近は郵送やお取り寄せサイトから直接配送してもらうことも主流になってきています。

送る際の宛先は、基本的には取引先の社長となりますが、支店の場合は支店長、部署の場合は部長というふうに送り先の長である人を宛て名にします。持参する際は、紙袋に入れて構いません。渡すときには紙袋から出して、お礼の言葉を言いながら渡します。お中元を贈る際は、時期、宛て先、どのような品物が喜ばれるかに注意して選ぶことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です