お中元におけるいろは

親戚などに贈るお中元は、夏のご挨拶として日本ではおなじみの習わしです。そんなお中元ですが、起源は中国における道教の年中行事で、それが日本での先祖供養の風習と混ざり合って江戸時代には感謝の気持ちを込めた贈呈品へと変化し、現代まで受け継がれる風習となっています。もっとも日本での風習の一種とはいえ、お中元にはいろいろと決まりやマナーなども存在しており、いざ贈ろうとした際に分からないことも多く、困ってしまうケースなどもよくあります。そこで基本的なお中元の決まりとしては、まずは贈る時期として、夏の上半期である6月下旬から7月中旬あたりまでが一般的です。

ただし地方によって多少のずれが生じているため、場所によっては8月上旬や中旬あたりが普通であるケースもあるので注意が必要です。また贈るものの種類や金額については、とくに決まりはありません。それでも季節を考慮して暑い夏場なので、涼しげな冷たいお菓子やそうめんなどは人気がありますし、金額は高額すぎると相手側に負担になるので、3000円から5000円程度のものがよく選ばれる傾向にあります。そしてのしについては、そのまま普通にお中元もしくは御中元と記すのみで問題ありません。

名入れは個人名ならばフルネームが基本であり、連名の場合には、記す名前は三名までにします。ちなみに時期を過ぎてしまった場合は、その時期に合わせて7月中旬以降ならば暑中見舞い、立秋を過ぎたならば残暑見舞いとして贈ると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です