お中元をもらったら?お礼状の種類

お礼状とは、送ってもらった相手に対して、「確かに受け取りました。」という相手に感謝の気持ちを表す手紙のことを指します。お中元の場合は感謝の気持ちを込めて品物を送る文化だからと言って、お礼状のみでOKです。相手にお返しの品までは送らなくて大丈夫です。

送り方は様々です。ハガキや手紙で送る場合は誰に対してもお送りする事ができます。最も丁寧な送り方として主流です。お中元は感謝の気持ちをこめてお送りするものです。

こちら側も印刷したものをお送りするのでなく、手間は増えますが、手書きでお送りしたほうが相手に感謝の気持ちが伝わりやすくお勧めです。電話でお礼の気持ちを伝える場合は身内であったり親しい友人などにしましょう。ビジネスにおいては、親しい関係のほうが好ましいです。電話はいつでも取れるわけではありませんので、仕事柄電話にいつでも出ることができない方へは別の方法で送りましょう。

メールでのお礼も、身内であったり親しい友人などに対してお送りするのも失礼にあたりません。良好な仲の関係であるビジネス関係の方に関してもお送りしても大丈夫です。また、メールを送った日時が記載されますので、すぐにお礼を伝えたい方はメールでもOKです。どの送り方に関しても共通して言えることが、お中元が届いた1週間以内にはお礼状を送りましょう。

お礼状の送り方は様々でしたが、送り主と相手の関係性を考えて判断してください。何も送らないのは失礼にあたるので、きちんとお送りする事を忘れずにいてください。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です