お中元ののしや包装に仕方

お中元では内祝いやお祝いなどと同じく、のし紙をかけて包装した状態で贈ります。のし紙にはいくつかの種類があり、お中元だと末永くお付き合いをしたい方で、来年も贈ることが出来る願いも込めて「紅白蝶結び」の水引きを使います。表書きは水引の上部中央へお中元または御中元と書いて、下部へ名前を書きます。下の名前は間柄によって違い、家族で贈るときには性のみの記入や大黒柱の姓名が一般的で、会社の上司や恩師など目上の方だと姓名を書きます。

連盟だと表書きの真下へ目上の方の氏名を書いてから順に左に並べて書いて、のし紙に記載する連名は3名までで4名以上になる時は代表者の氏名だけにして、左横のやや下へ他一同として別紙へ全員の氏名を書いておきます。のし紙の掛け方は、内のしは商品の化粧箱へのし紙をかけて包装したもの、外のしだと包装の上から掛けます。配送や気持ちを控えめにするときは内、気持ちを強く表すときや手渡しだと外にします。今年だけお世話になった方へ贈るときには、お中元だと一度限りだと失礼になるため1回限りなら「御礼」と書いて贈ります。

喪中の方へ贈る場合は、お祝い事ではないので贈っても問題はないですが、忌明け前の時には時期を考えた方が良いです。日にちをずらして四十九日を過ぎてから「暑中御見舞」として贈るのがベストです。のし紙も印刷したものなので略式ですが、短冊のしだともっと簡略されたものになるので贈る相手のとの関係で考えた方がいいです。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です